食用油のろ過機(濾過機)油太郎 油の酸化についても

食用油のろ過機(濾過機)油太郎 油の酸化についても│アルセエコ開発

とても高い濾過精度を誇る食用油ろ過機「油太郎」

食用油のろ過機(濾過機)油太郎 油の酸化についても

 揚げ物のおいしさが長続きする油太郎とは、汚れた油をミクロ特殊フィルターでろ過し、油を酸化させる不純物質「水分・臭い・汚れ」を除去します。

 差し油のみで油の満足度ゾーンを維持。

 環境改善と経費の大幅な削減ができる装置です。

 

 油太郎を導入することで、高温油の入れ替え作業を安全にサポートできます。また、揚げ物の大敵である「水分・カス・臭い」を効率よく回収し、いつも美味しい商品を提供することができます。

 そして何より、油購入費を大幅に削減することが可能です。

 また、ポンプ付きでフライヤーの清掃も簡単。水洗いも必要ありません。

 フィルターは1ミクロンまでの超微細炭化物と水分を除去し、使用後は一般可燃ゴミで処理が可能なため、作業現場の方にとっても、経営者の方にとっても、お客様にとっても喜んでいただけます。

食用油のろ過機(濾過機)油太郎 油の酸化についても

食用油のろ過機(濾過機)油太郎 油の酸化についても発

食用油のろ過機(濾過機)油太郎 油の酸化についても
食用油のろ過機(濾過機)油太郎 油の酸化についても

食用油のろ過機(濾過機)油太郎 油の酸化についても

食用油のろ過機(濾過機)油太郎 油の酸化についても

Q1;食用油のろ過機「油太郎」はどんな食用油にでも使用できますか?

A1;ラードのように固まる油には使用できませんが、それ以外の食用油には使用することができます。

 

Q2;ミクロ特殊フィルターはどれくらいの使用量ですか?

A1;基準としては、スーパーさんで多い例ではフライヤー3〜4台、1日あたり計75〜120リットルの油で、ミクロ特殊フィルターを1本〜2本使用が目安です。この本数の違いは、揚げ種によって異なります。

 

Q3;油太郎を使用したことで本当に揚げ物の味に変わりはありませんか?

A3;分析試験成績書をご覧頂ければおわかりになる通り、油太郎使用前の油を使用した状態と全くと言っていいほど変わらない品質で揚げ物を揚げることができます。

 

Q4;油太郎でフライヤーの掃除は一緒にできませんか?

A4;油太郎は高温のまま油を吸い上げますので、その油を使用してフライヤーの掃除を簡単にすることができます。高温の油を汚れている箇所にかけて洗いながら油の交換が可能です。その手順もとても安全で簡単作業です。詳しくはページ上部の動画をご覧下さい。

 

Q5;食用油のろ過機「油太郎」の手入れは大変じゃないのですか?

A5;油太郎の外側は水洗いが可能で、中の汚れはフィルター設置部分に溜まった細かいカスを割り箸で取るだけの簡単お手入れです。手早くスピーディーなお手入れができるため、営業終了後のわずかな時間でお手入れが可能です。

 

Q6;他社ろ過機を使用していますが、修理して頂くことは可能ですか?

A6;他社ろ過機でも、当社で修理できるものもございます。代理店と連絡がつかなくなってしまったり、メーカーが対応しなくなったなどでお困りの方は、ぜひ当社までお問い合わせ下さい。

食用油のろ過機(濾過機)油太郎 油の酸化についても

食用油のろ過機(濾過機)油太郎 油の酸化についても このページのTOPへ

アルセエコ開発
食用油のろ過機(濾過機)アルセエコ開発の新着情報
食用油のろ過機(濾過機)アルセエコ開発のお問い合わせ
食用油のろ過機(濾過機)アルセエコ開発の会社概要
食用油のろ過機(濾過機)アルセエコ開発の特定商取引法

■油の酸化について

 

(有)アルセ・エコ開発
企業理念ムービー

大きな画面で見る場合はこちらをクリックして下さい。

食用油のろ過機(濾過機)アルセエコ開発
2009年2月18日
きらやか銀行様より当社がベンチャービジネス賞を頂きました!
(山形新聞経済面に掲載)
画像クリックで拡大します